うっかり呪(しゅ)をかけてしまうということ

 

バレンタインデー、そして、16日には

旧正月を迎えました。

 

いよいよ春ですね

 

今年はどんな年にしたいですか?

 

先ほどの

羽生結弦選手の『晴明』の演技

素晴らしかったですぴかぴか (新しい)

 

感動を味わっていたときに

『呪をかける』ということについて

ふと思いつきました。

 

 

私たちは、言葉や思いによって

うっかり『呪(しゅ)』を自分にも

人にもかけてしまったりします。

 

言霊(ことだま)の大切さに

思いを馳せて見ました。

 

 

何気なく使う言葉も

呪(しゅ)をかけない言葉や思いに変えてみる。

 

あ〜〜私ってどうしてできないんだろう、は

私はできない、と『呪(しゅ)』かけちゃう。

 

それを

例えば

 

これをまだやってなかったんだ。

できるにはどうしたらいいのかな、など状況に合う

希望のある言葉、心地の良い言葉に変換してみる。

 

ご自分のアイデアで、やってみると楽しくなっていきますよひらめき

 

私たちはたくさんの視点を持てるので

イメージを広げたぶん

人生も広がります。

 

呪をかけるのではなく

祝福をするハート

 

 

言葉の振動をいいものに変えるだけで、

体の振動も変わります。

 

一日何万とも言われる思考の振動が

変わると全てが変わります。

ぜひ楽しんでみてくださいね。

 

新しい年

どんな年にしたいか、年の初めに

祝福に満ちた意図をしてみるのもいいかも。

一つの提案です

 

嬉しい発見と
喜びに満ちた素晴らしい年になりますよう
お祈りしています。