短所を変えたい・ありのままの自分になるには?

95-6

こんにちは。みえこです(o^^o)♪

先日いくつかのご質問をいただきました。

 

Q1)短所を変えたいと思うけど、変えられるものなんでしょうか?

Q2)ありのままの自分と言うのは、どういう自分ですか?

 

A1) 短所が長所のもとになっていることがあります。
その意味が分かると、自然に短所がでなくなっていきます。

A2)短所と長所の両方あって自分だと受け入れた時、ありのままのあなたになることができます。

 

短所も長所もあなたで、二つの関係は面白いです。

<Aさんの例>

子供のころから「なにやっても気がきかない子ね。」と言われてきました。

Aさんは、自分は何をやってもテンポが遅く、自信がない

人の中に上手く入っていけないと感じています。

しかし

人からは、気づかいができる、公平な人、優しい、信頼できるなどと言われるそうです。

私からみても落ち着きのある、話を聴くのが上手な方です。

 

面白いですよね。

短所ってなんでしょう。反面、長所にもなってるようです。

もし、短所がなかったら、今のAさんは、どんな人になっていたと思いますか?

そう聞くと、Aさんは、子どもの頃は、短気だったので、すごいせっかちになっていたかも、

人の話を聞かないで、自分のしたいことに熱中して、わりと身勝手になったような気がする。

そうおっしゃっていました。

短所が役に立っている場合があるんです。

 

 

040426

私たちは、無意識のうちに、長所を伸ばそうとしています。

人からみたら、充分素晴らしい人なのに本人は、まだ足りない気がして成長を求め続ける。

または、いつもまだ足りない気がして、どこまでも自分の良い所を伸ばそうとしてしまう。

そんな感じ、思い当たりませんか?

 

短所も大いに役立ってきました。

それがあるからこそ成長できたのかもしれません。

 

そんな自分を「これも私」と受け入れることができます。

 

その時、自分の表現方法がだんだん変わってきます。

長所を際限なく伸ばしたい、という欲求にもストップがかかり

周りに振り回されない安定した気持ちになっていくことができます。

人の態度などに過剰反応せずに

自分を深めていけるようになります。

 

長所も短所も、受け入れた時

「ありのままの自分」を知ることができます。

 

それは

エネルギーのプラスとマイナスが出会って、ゼロになるように

私たち心のゼロ地点をみつける体験になるでしょう。

ありのままの自分を受け入れた瞬間です。

030424