紫陽花の思い出

こんにちは。カップルシータカウンセラーみえこです(o^^o)♪
今日、庭に咲いた紫陽花の花を眺めていました。

毎年、少しづつ大きくなって、真っ白だった花が今は色変りをして、薄紫色になっています。

040617

 

お花って、面白いですね。

 

毎年咲く花は、季節を教えてくれるだけでなく
思い出も一緒に運んでくれます。

 

子供のころから引っ越しの多かった私ですが
東京に来て初めて紫陽花を見たときは、天国の花のように感じました♪
今まで見たこともない綺麗な花の集まりが、何度見ても不思議でした。

 

新婚のころに借りた家のせまい庭がアジサイに占領されていたこと。
美しいブルーのグラデーションの花を見たくて、小さく刈りこめなかったこと。

 

おばあちゃんの介護をしているときに娘がおばあちゃんと私にくれたアジサイ。
遠い目をしてジーッとお花を見つめていたおばあちゃんの横顔。

 

学生だった娘が「母の日」に、大きな鉢を二つも抱えていた姿も思い出しました。

今、娘は結婚して赤ちゃんがいて。

 

季節は、毎年移り変わっているんだな~★
 

その一瞬、一瞬が今に繋がっているのだと思うと

なんだか

言葉にできないような感覚が心に広がります。

それは

ちょっと切ないのに温かい。でも届かないような懐かしさなのかな。
こんな静かな日にこんな時間を過ごすって、久しぶり。

こういう時間が大切に感じられる♪

こんな一日も良いもんだなぁ♪

ajisai2