腐敗しないことが真実♪

こんにちは。みえこです(o^^o)♪

今日、ハイポニカ栽培の野澤重雄氏との共同研究者である

息子さんの野澤三郎氏とお話をする機会に恵まれました。

話をしていると、まるで未来から来た人と話しているようでした。

 

まったく常識にとらわれていない、スパッと本質だけに焦点する

会話を伺っていると、自分の常識の殻がパラパラはがれていくようで

心地良くて、心の奥の何かが変化していく感じです。

 

腐敗しない理論!

 

を確立された研究は、すでに実証され、聞けば聞くほど感動です。

 

「ものが腐敗すると思っていることが、おかしいんですよ。」

 

と言いながら

 

科学苦手な私にも分かりやすい例に置き換えて、丁寧に教えてくれました。

 

当たり前だと思っている常識を、そう思わないってすごいですよね。

目からうろこの驚きでした。

 

植物に活かすハイポニカ栽培を父である重雄氏とともに行ってきた三郎氏は

それを生物に活かす研究をなさった方です。(野澤技研)

 

環境を整え、持っている力を信じることで、遺伝子のスイッチをオンにして

無限の可能性を目覚めさせることに成功しました。

 

お話の最後に

 

「科学者で仙人、と話した気分になりました♪」と言ったら

 

「はい。最近はこもっているので、まるで仙人のような生活です」

 

笑っていらっしゃいました♪

 

まだまだ私たちも

いっぱい素晴らしい才能をスイッチオン!にできますね!

 

例えば

放射能の影響を全く受けない体

驚異的な自己治癒力

いつまでも若々しい体

病のない体

ストレスは、どんどん解放する体

 

そして、心の世界にも素晴らしいスイッチオンができそうです♪

 

いろいろ考えると楽しくなります♪♪

shutterstock_187683803

では、野澤三郎さんのブログの

一部をここでシェアさせてもらいますね(o^^o)

*************♪**************

(野澤三郎氏ブログより抜粋)

野澤重雄が発見した生命の法則、それは「生命の無限性」です。

生き続ける事が生命の持つ本質であると言う考え方です。

 

遺伝子の世界で有名な筑波大学名誉教授の村上和雄先生も

 

「遺伝子には何でもできると書いてある」

 

と言われています。

 

生物は生きるために必要なありとあらゆる機能を持っていて

必要なときに自ら遺伝子のスイッチのON/OFFをするのだそうです。

 

何でもできるように、何かあればそれに対応できるように

遺伝子のスイッチを切り替え、生きる事に専念する能力。

これがすべての生物が基本的に持っている能力です。